二人目不妊の通院開始は2年待たなくても良い!

2014年02月17日

二人目不妊の通院開始は2年待たなくても良い!

二人目をやっと妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

二人目不妊の定義としては、授乳完了から2年子供が出来ない状態という事になっています。

しかし、2年も待っていては、年齢などの問題からますます妊娠しにくくなってしまう場合もありますよね。もうやだ〜(悲しい顔)

ですから、できれば早く治療を開始したいという方が多いと思います。

一般的な不妊症(一人目の不妊)の場合も、定義は二人目不妊と同じく不妊の期間は2年という事になっています。

不妊症の定義.jpg

しかし、実際にはもっと早く、例えば半年とか、1年子供が出来なければ不妊治療を受けることができますよね。わーい(嬉しい顔)

二人目不妊も同じで、絶対に2年経たないと治療が出来ないというわけではありません

治療を開始できる時期はその病院により多少異なりますが、早ければ半年チャレンジしても妊娠できなければ不妊治療を行ってくれる病院もあります

私も現在二人目不妊で治療しようか検討しているところで、一人目の時にお世話になった病院に問い合わせたところ、1年でOKと言ってくれました。手(チョキ)

また、排卵日検査薬を使用してチャレンジしても出来ないのなら半年でも良いと言ってくれたのです。

ですから、子作りを再開して2年経っていなくても、早い段階で治療を開始する事はできますので、病院に相談してみてください。病院

二人目をやっと妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





【関連する記事】
posted by 二人目不妊克服夫婦 at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。