1子目を預ける場所がない方は、公的機関に相談してみよう!

2014年03月05日

1子目を預ける場所がない方は、公的機関に相談してみよう!

二人目をやっと妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

最近は二人目不妊での通院がしやすいように考慮された病院も多いですから、普段の通院にはお子さんを連れて行くという方もいらっしゃると思います。

また、不妊治療は行わずに自分で子作りを頑張るから子供を預ける必要はないという方もいらっしゃいますよね。わーい(嬉しい顔)

しかし、お子さんを預ける場所は確保しておいた方が安心です。

なぜなら、不妊治療中であれば、OHSSになってしまったり、妊娠しても流産して手術が必要になったり、切迫流産での入院などなど、防ぐ事が出来ない事態が起こることがあるからですがく〜(落胆した顔)

ですから、二人目の子作りをしている以上、いつ妊娠するかもわかりませんし、どのような事態になるかもわかりませんので、実際に預ける機会が無かったとしても、預け先は確保しておいた方が良いでしょう。

近くに親や兄弟など、気軽に頼める方がいる場合は特に問題ありません。

しかし、近くには頼める人がおらず、一時的に子供を預ける先をどうやって探したらよいかわからずにお困りの方も多いと思います。もうやだ〜(悲しい顔)

一時保育.jpg

そういった場合は、お住まいの自治体の「子育て支援センター」などに相談してみると良いでしょう

私が住んでいる札幌市の場合は、出産後に万が一の時に一時的に子供を預かってくれる施設の一覧を頂きました。手(チョキ)

そんなものはもらえなかった!という方も諦める必要はありません。

各自治体で名前は違っても子育てを支援する窓口はあるはずですので、そちらに問い合わせてみると一時保育をしてくれるところを教えてくれるはずです

二人目をやっと妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





【関連する記事】
posted by 二人目不妊克服夫婦 at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。